中古楽器ラパン

ネットでかんたん!
買取査定はこちら
お電話での買取査定もお気軽に! 03-6905-8382 10:00-19:00(水曜定休)

ヤマハクラビノーバのランクによる違い比べ!

 

ヤマハの人気シリーズ Clavinova(クラビノーバ)のお値段高い方のCLP-575入荷しました!

 

 

クラビノーバはまず大きく2種類に分かれます。

一般的な電子ピアノのクラビノーバ(CLP)と、リズムとか音色がたくさん入った多機能のクラビノーバ(CVP)です。

今回はCLPの違いを見ていきましょう!(CVPの説明はまた今度に。)

 

 

CLPの中にもランクがありまして、

今回入荷のCLP-575は上から数えて2番目のものです。

(ランクが高いから優れているということではなく、

ご使用目的や好みなどによってベストな電子ピアノは変わります!)

 

CLP-575は現行モデルCLP-675の前モデルです。(2018年11月現在)

今回はCLP-575時代に合わせて見ていきましょう!

 

価格順CLP(500番代シリーズ)

・YAMAHA CLP-535 (税抜き 165,000円)

・YAMAHA CLP-545 (税抜き 215,000円)

・YAMAHA CLP-575  (税抜き 280,000円)

・YAMAHA CLP-585  (税抜き 350,000円)

 

数字の真ん中が大きいほど値段が高くなります。

(現行モデルの600番台は少し値段が上がっています。ブルートゥースと鍵盤下に追加された機能のせいでしょうか?詳しくは過去に紹介したCLP-645の記事で!)

 

この基本の各モデルに外装ツヤ出しモデルもあります。(基本モデルのプラス3万円くらい)

←CLP-575PE

 

 

基本的な音源や最大同時発音数などはどのモデルでも一緒です。

 

 

「じゃあこの値段の差は一体なんなんだっ!分かりやすく!」

とおっしゃる方に。

 

 

機能面での大きな違いは3つです。

・鍵盤の種類

・スピーカーの数と配置

・アンプ出力の大きさ

 

 

まずは鍵盤の種類ですが、

CLP-535のみグレードハンマーX鍵盤(プラスチック)で、

あとのCLP-545、CLP-575、CLP-585はナチュラルウッドエックス鍵盤(いわゆる木製鍵盤)です。

CLP-575の鍵盤

 

木製鍵盤はプラスチックの鍵盤と比べて少し重いため、

鍵盤を押す力がプラスチックよりも必要になります。

材質の差で鍵盤タッチは結構変わります。

 

 

続いてスピーカーの数と配置です。

・CLP-535    16cm×2

・CLP-545   (16cm +8cm)×2

・CLP-575  (16cm +8cm)×2

・CLP-585 (16cm +8cm+2.5cm)×2

 

「あれ!?スピーカーのCLP-545とCLP-575のスピーカーの数が一緒だ!!」

とお気付きの方。とてもじっくり読んでいただきありがとうございます。

 

その違いをCLP-575で見ていきましょう!

上の天板部自体にスピーカーが取り付けられている点は同じですが、鍵盤部を下から覗き込んでみると・・・

下に大きなスピーカーボックスが取り付けられています!

出っ張ったスピーカーの下から音が出てくるようになっているんですね。

正面に向かって座った時に音に包まれるような感覚です。

CLP-545は鍵盤部の中に内蔵されているので音の響き方が結構違います。

 

 

最上級のCLP-585になると足元にスピーカーボックスがあったりさらに凝った作りになっています。

過去に入荷したCLP-585の紹介ブログはこちらから 。

(余談ですが、私の中のベスト・サウンド・電子ピアノ(音のみに関して言えば)は今のところCLP-585です。

ヤマハのアバングランドシリーズやローランドのRGやGP607なども同じくらい音が良くて好きなんですが、

低音の引き締まり方が・・・それはもう・・・たまりません!!)

 

これらのスピーカーの数と配置の違いに加えて、大きな関係性のあるアンプ出力の大きさ!

・CLP-535      30W×2

・CLP-545      (25W +25W)×2

・CLP-575      (40W +40w)×2

・CLP-585     (30W +30W +30W)×2

 

アンプ出力が大きいと何がいいのか?

 

聴き比べてみると分かりますが高音と低音(特に低音)がしっかりと聴こえます!

音の輪郭がハッキリするというか、音に安定感があるというか。

 

家庭だとそんなに大きな音を出せないから分からないのでは?

と、思われるかもしれませんが、ご近所の迷惑にならない音量で聴いていただいてもハッキリと違いが分かります!

 

機会がありましたらぜひ試してみて下さい。

 

 

以上、大きな違いを見てきましたが、CLP-585にはカウンターウェイトが付いていたり、

音色が多かったり細かな違いも結構あります。

さらに詳しく違いを見てみたい!とおっしゃる方は、

メーカーホームぺじから閲覧できる取扱説明書の114ページ(CLP500番代)が各モデルの仕様一覧になっていますので、そこで違いを見てみてください!結構おもしろいです。

 

 

「どんな電子ピアノにすればいいか分からない!」

「アップライトピアノか電子ピアノで迷っている!」

「どのモデルが自分に合っているのかサッパリ!」

そんなお悩みをお持ちの方はぜひ中古楽器ラパンにご相談下さい。

 

当店に在庫のないモデルからもおススメをご提案させていただきます。

 

 

【販売中】YAMAHA CLP-575PE ヤマハ クラビノーバ 木製鍵盤 電子ピアノ 【2015年製】

【売却済】YAMAHA CLP-545WA ヤマハ 木製鍵盤 電子ピアノ 【2017年製】

【売却済】YAMAHA CLP-575WA ヤマハ クラビノーバ 木製鍵盤 電子ピアノ 【2017年製】

【売却済】YAMAHA CLP-575WA ヤマハ クラビノーバ 木製鍵盤 電子ピアノ 【2016年製】

【売却済】YAMAHA CLP-575B ヤマハ クラビノーバ 木製鍵盤 電子ピアノ 【2014年製】

 

今回紹介したCLP-575です。

【売却済】YAMAHA CLP-575 木製鍵盤 電子ピアノ 【2016年製】

【売却済】YAMAHA CLP-575 木製鍵盤 電子ピアノ 【2016年製】

2018年12月1日 鏡面仕上げのCLP-575PEも入荷しました!

【売却済】YAMAHA CLP-575PE 木製鍵盤 電子ピアノ 【2015年製】